時間つぶしで入ったパチンコで大当たりを引いて思わぬ収入を得ることがあります。

しかし、一度勝ってしまうとついついパチンコ屋に足が向いてしまい、つい熱くなり思わぬ出費になってしまうことも。

負けてしまい気持ちのやりどころに困ってしまうことも多々ありますが、それでもやっぱりワンチャンスに賭けたいのがパチンコの魅力ですよね。

 

パチンコの醍醐味

パチンコの醍醐味といえば、やはり演出にあります。

 

パチスロもパチンコも一回回転するごとに、当たりかハズレのでクジを引くというシステムは同じですが、

スロットはメダルを入れて毎回クジを引くので単調作業のように感じてしまい退屈に感じてしまいますが、

パチンコは玉が入った時点でクジを引くシステムに加え、抽選中の演出を見ていると、

その演出が例え本当にただの演出で実際はハズレを引いたとしても、スロットよりも実際に自分が戦っているという実感があります。

当たりを引いた時や確変が続く演出なんかは本当に気分がいいものです。

 

パチンコの負けを後悔を解消するには?

パチンコの負けの後悔を解消するためには、自分も精一杯戦ったけれど結果負けてしまった、というように自分の気持ちをおさめることが一番です。

今日は運が悪かった・ツキがまわってこなかった、などと考えてしまうと、

ちょっと暇つぶしのはずが、今日こそは!と意気込んでしまい、日を空けずに足繁く通ってしまい、

負けが続いて更に後悔してしまう…なんてこともありますから、そうならない為にもムキにならずクールダウンすることが大切です。

 

もちろん一度でも当たりを引ければ気持ち的にも後悔が少ないので、

甘デジなど当選確率が高い台に移動してプラスマイナスゼロで帰る、なんていうのが本当は理想的です。

最初から甘デジ台を選んで演出を楽しんで、勝った?という嬉しい気持ちだけ味わう、なんていうのも予防線としていいかもしれませんね。

 

パチンコの負けを後悔しないためには?

パチンコで負けを後悔しないために、まず最初に勝とうと思って行かないこと。

負けてしまっても財布が痛まない予算をあらかじめきちんと決めることに限ると思います。

私はたまにしか打って遊ばないビギナーなので、一度勝つとまた出るんじゃ…なんて甘い考えで行ってしまうと本当に痛い目にあってしまうこともしょっちゅうあったので、経験から学んで特に気をつけて心がけています。

 

そして、やめ時をきちんと把握することも、後悔しないためには大切なポイントです。

確変が次から次に続いて、どんどんと出玉が増えていくと欲をかいてしまい、

確変が終わった後もせっかく勝った出玉を湯水のように使い、結果当たりが出ないまま出た玉を全部飲まれてしまい、結局後悔することも多いです。

 

なので、もし当たりを引いた時はこれ以上続くだろうけれど今日はここで終わろう…という控えめな気持ちで、小さく勝って気分良く帰る、という風に気持ちを抑えてやめ時を冷静に考えて潔く打ち終えるようにしています。

また、座って打ち始めた台で演出がいくら盛り上がりを見せたとしても、決めた予算に達してしまった時はぐっと我慢し、追加投資はせず諦めることも大切です。

 

そして後悔の気持ちが大きくならないよう、負けは少なく済んだほうがもちろんいいですよね。

そのためにも、インターネットなどであらかじめその日打つ台について調べていくことも重要です。

 

電サボの表示や演出の真偽を判断するには、やはり解説サイトをよく読みこむことで勝ちに繋がりますし、

これ以上確変が続くのか・今後の抽選で大当たりの引く可能性などのある程度の予想がつけば

勝負どころや、やめ時が単なる期待ではなくきちんと把握できると、

やめ時で名残惜しい気持ちを打ち消すことができ、負けが大きくなることも防げる場合があります。

 

 

【話題の記事こちら】

コードブルー3 動画 最終回

陸王 動画